HOME>その他

ダイエットと空腹と眠気

4月に入ってからダイエットをしているわけですが、私のダイエットはレコーディングダイエット+運動。
これまでの経験上、急激なダイエットは必要ないということで、4月の目標脂肪減少量を5%、700g、1日平均 180kcl(0.7g×7,000kcal÷30日)のカロリー不足となるよう食事や運動を行います。
このときのベースとなる基礎代謝量+日常生活分については、1ヶ月程度摂取カロリーと体重の変動の実測値から求めて2,050kcalとしています。運動は自転車がメインで週に 2,200kcal程度(800kcal×2、300kcal×2)。

この場合、1日の平均消費カロリーは(2,050×7 日+2,200)/7=2,364kcalですから、1日180kcalの摂取不足とするには、2,184kcalも食べられることになります。(ダイエット中とは思えない摂取量ですね(^^))
4月の平均摂取カロリーは2,040kcalなので概ね狙ったところにいる感じ、もしくは不足気味って感じです。

実は、これは、これまでの食生活に比べて、職場でおやつを食べないようにしたことと、夕食のお酒を控えた(追加で飲んでたワインをなるべく減らしている)で達成しています。

ところが、このように食生活を変えてから、何故か食後に異常に眠くなるんです。
夕食後、ばったりとそのまま居間で寝てしまうことが多くなり、5月の第3週は食後のローラー台もできなかったほど。
職場でも昼食後眠くなって困ることがありました。

この食後に眠いということとダイエットとは関連づけてなかったのですが、よくよく調べてみると、血糖値と眠気ってものすごく関係があるんですね。

食後眠くなるメカニズムとして、食事で上がった血糖値を下げようとしてインスリンが分泌され、血糖値が下降するときに眠くなるらしいのです。
で、よくよく考えてみると、職場でおやつを食べないと3時頃からものすごくおなかが空き、夕方にはくらくらしてくるくらいのものすごい低血糖状態に。
そこで夕食を食べると一気に血糖値が上がるわけです。
すると、これはまずいとばかりにインスリンが分泌され、血糖値が下降して眠くなる。

そこで、朝食にちょっとタンパク質を増やして腹持ちを良くしてお昼までの血糖値の下がり方を緩やかにすると同時に、3時に100kca程度のせんべい等炭水化物中心のおやつを食べてみることにしました。
すると、なんと夕食後の異常な眠気が納まったではありませんか。
前述の計算から2,040kcal+100kcalのおやつでもまだ目標カロリー摂取量の範囲内なので多少減量ペースは落ちるものの、まず大丈夫でしょう。

これで普通の生活ができる(笑)。

↓無理しない穏やかダイエットで頑張りましょう!のクリックを御願いします~
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/762-9f724a5d

コメント

つまり血糖値の起伏の幅を少なくすると眠くならないってことなんですかね。
働いてる人は日中、勉強中の人は夜中に眠くなったら困る場合、つねに何か食べてた方が良さげですね。
Re: タイトルなし
Butterflyさん

お久しぶりです。
お元気にしてましたか?

そうなんですが、あまり食べ過ぎると今度はカロリーオーバーになるので注意が必要です。
また、砂糖が多いものは血糖値がすぐ上がり、すぐにインスリンが出てすぐに血糖値が下がってしまうのであまりよくありません。
腹持ちの良い炭水化物(ミニおにぎりとか煎餅とか)を100kcal程度摂れば3時間程度持つので、3時のおやつ頃に食べるといい感じだと思います。
空腹を感じたあとに猛烈な眠気に襲われた理由がわかりました。低血糖状態だったんですね。
参考になりました。
Re: タイトルなし
どらっくすさん>

コメントありがとうございます。
人間の体って面白いですよね。
最近は自転車ネタばかりですが、また立ち寄ってみてください。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】