HOME>自転車

3/4 連光寺~尾根幹往復@スキル練の効果!

20170304PW.jpg
↑見てなかったけど、いい心拍で走ってるなw


来週末に上娘が定期テストを控えているので、今週末もスキーなどはなし。
先週末は風邪(?)で寝て過ごしたので、今日は走りに行かなくては!
しかし、夫を誘うものの、夫は朝、ウォーキングに行ったので、自転車には行かないと振られてしまいました。

仕方ないので、一人で出掛けます。
出るのが遅くなっちゃったけど、遅めのお昼までには帰ってくる予定で出発。
しかし、いまいちアドレナリンが出ない感じなので、無理のない範囲で力を抜いて丁寧なペダリングで尾根幹往復してくることに。

ところが、アップ気味に川崎街道を走っていると、いつもとペダリングの感覚が違って、右足が淀み無く腸腰筋で上げてこられる感じたするんです(@_@)
ペダリングモニターをちら見すると、出力的にはそんなに出ていないのに、 50%台後半くらいのペダリング効率になっています(@_@)

いきなり、こんなに変わるなんて、何があったのかというと、先週のつなぎ練習(高ケイデンス+低ケイデンス+片足ペダリング)!
・・・・ではなく、これを受けて、右足の腸腰筋が弱いからと、昨日、仕事場にテニスボールを持ち込んで、仕事しながら、膝裏にテニスボールを挟んで、腿を上げ下げする運動をしていたんです。

なんか、身体がこの時の腿の上げ下げの動きを覚えているようで、右足だけが淀み無く抵抗を感じないペダリングをしてる。。。。
テニスボール腿上げ、椅子に坐って脚を上げてくるので、当然上半身を手で支えたりしているわけではないから、自転車の上でもハンドルを押した力を利用して脚を上げてくるのではなく、純粋に体幹の筋肉で脚を上げてこれてると思います。
1日でこんなに違うのか!
これは決して、1日で右足の腸腰筋が育ったのではなく、神経系が脚を上げてくることを覚えたってことだと思います。

しかし、同じようにやろうとしても、どうしても左足の感覚が違うんですよ。。。
来週からは左足もやらなくちゃw

神経系が育っても、見合う筋肉がなければパワーや持続力は落ちるはずなので、今日はこの感覚を大事にしながら丁寧に最後まで走りきって、神経系に見合う筋肉を育てることに。

連光寺の上りも、出力、速度は無視して、この淀みないペダリングに集中して上ります。
途中信号で止まったけど、意外にいいペースで上れてる。

鎌倉街道から尾根幹に向けても、余裕のあるペースでしっかり腿上げに集中して。

尾根幹に出て、落合3コブも踏まないペースで。
南野セブンをちら見して、誰も居ないのを確認して直進。

いい感じでバーミヤンのところで折り返して、復路へ。
途中、グリーンウォークのダイソーで買い物をして、帰ります。

途中で、速い集団に抜かれたので、ちょっと追いかけたのですが、坂で6倍以上(これでも一応、腿上げに気を配ったペダリングをしたつもり)でも離れたので、諦めて千切れて、その後も見えてる間は頑張って追いかけていましたが、そのうち見えなくなって諦めましたw

だんだん、右足が疲れてもったりした感じになってきた。
それでも、最後まで気を抜かずに走りましたよ。

ガーミン先生もπコーチも、グリーンウォーク以降の平均速度が28.3km/hとか言ってるから、相当頑張ったと言えましょう。

20170304PD.jpg

そして、何と、右足のペダリング効率がはじめて50%を越えました!
もう少し5時の下向きのベクトルを短くしたいところですが、贅沢は言いません。
今日は何かを掴んだと思います!

*************
2017年3月04日
内容:連光寺~尾根幹往復
テーマ:テニスボール腿上げのイメージで
体調:体調ほぼ復活 but 花粉症で鼻呼吸できない・・・
*************

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/2157-a8e8450c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】