HOME>身体のメンテ

2回目 10月26日(月)

2回目 10月26日(月)

1回目の施術で効果がありそうだったので、2回目も行ってみることにしました。
本格的な施術をするためにはレントゲンを撮る必要があるということだったし、面白そうなので、金曜日に、カイロと提携の病院でレントゲンを6枚(首4枚、腰2枚・保険適用)撮ってもらって、この日はこれをもとに治療を受けることにします。

レントゲンを見ると、5番の首の骨が一つだけ後ろに下がっている!
先生には言いませんでしたが、これはたぶん、20歳頃に車で追突してなったむち打ちのせいだと思います。

カイロプラクティック的には、20歳頃に受けた首のダメージはちょうど第5番頸椎あたりに来るらしく(第1段階)、これが20年くらいしたら、骨の変形と関節間のつぶれが見られるようになり(第2段階)、さらに20年くらいすると、関節間のつぶれた骨が融合してしまい(第3段階)、最終的には1カ所では無く数カ所の関節が融合して頸椎がブロックのようになってしまう(第4段階)らしいです。

私のは、第5頸椎の下の隙間が見るからに狭くなってるし、首の骨がきれいな-アールを描いていなくて、真すぐだ。
しかも、第5頸椎の下が尖ってきているので、第2段階から第3段階へいくかどうかという時期のようです(年齢的にもぴったりだ!)。
逆に、腰椎は反りが強い。
まぁ、首のせいで自覚症状があるかどうかと言ったら分からないのですが、父が背骨が悪く(若い頃に骨折したらしい)、腰椎や脊椎のカーブがぼろぼろになったあげく、脊柱管狭窄で背中から腰から膝まであちこち痛くなって歩けなくなり、ついに、背骨の上から下までチタンプレートを入れる大手術をしましたので、脊椎などの健康には気をつけておきたいところです。

骨盤の方は思ったより悪くないらしく、少し旋回しているだけ(だけ?)のようです。

今日も、始める前に、背骨の脇の温度と頸椎の堅さと、肩関節、股関節の可動範囲と筋力のチェックをし、とりあえず、レントゲンでどこが悪いのかが分かったので、そこを中心に施術するとのこと。

今日は1回目とほぼ同じコースに加え、頸椎に強めの刺激を与えていました。
最後にまた背骨の脇の温度と、頸椎の堅さを計って施術の効果を確認。

今日は、仰向けに寝るようにとの指示を受けて帰宅。
2回目は時間が短いという話だったのですが、結局1時間近くかかりました。

前回と同じように、身体全体が軽いのはそうなんですが、何と、座骨神経痛で痛かった右のお尻が痛くなくなっています!
その代わり、右のお尻の痛みでマスキングされていたのが表面化したのか、落車のダメージと思われる右の内ももの痛みが復活。。。

あと、立っているときに両足に均等に体重が掛かっている感じと、歩くときに足の裏の人差し指の方にまっすぐ体重が抜ける感じがします。
とりあえず、辛い右お尻の痛み(座骨神経痛のメイン部分)が無くなって嬉しい。

3月以来、ずっと腰と骨盤の境目あたりの骨がちょっと動くだけでポキポキ言ってたんですよね。。。
これもポキポキ言わなくなった。

考えられるのは
首のカーブがない→バランスを取るために腰の反りがだんだん強くなってきていた→3月の落車ので骨盤がゆがむとともに、左足怪我してるのに無理にローラーしたら右の腸腰筋・大腰筋で踏んでしまって腰の反りがさらに強くなる→座骨神経痛
というパターンでしょうか。

あと、実は数年前から普通に歩いていても右足を擦ってしまって転びそうになることがときおりあり、これが座骨神経痛の走りだったような気がします(神経系の乱れ)。
頸椎・脊椎が自然な形に戻ったためか、気分もすっきりクリアになり、何とも言えず元気が出てきました。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/2081-6a55ee45

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】