HOME>自転車

6/19 第2回 群馬トレーニングレースに参加しました

6/19 Link TOHOKUさん主催の、第2回 群馬トレーニングレースに参加しました。
#当日のオフィシャルブログはこちら

梅雨で天気が不安でしたが、第2回も練習内容を工夫するとの主催者からのメールを見て、参加を決意。
普段、なかなか安全な環境で基本的な練習するのは難しいので、こういう機会はありがたいです。

夫と私のほか、チームからは前回に引き続きomiさんが参加。

今回はomiさんが同乗するということで、朝4:45分に家の近所のローソンで待ち合わせ。
5時頃に車を出し、群馬CSCに向かいます。

日曜日ですが関越は順調で早く着きすぎる感じだったので赤木高原SAで朝食。
#ローソンで朝食は調達してたのにw

7:45に赤城高原SAを出発し、8時前くらいに群馬CSCに到着。
今回は最初からコース横の通路に車を停めるように指示されますが、5台目位だったので、本部に近くてよかったです。
#遅くなると道の上のほうになって遠くなる(^^;;


【基礎講習会】

DSC_0576.jpg

8:10から受付をして、着替えて、2回目の朝ごはんを食べてw、9:00頃から、ハムスタースピンの福田さんプレゼンツの基礎講習会開始。
講習は上級者も含めて全員参加でした。

今回の内容は、
1.まっすぐ走る
2.スラローム
3.R10のコーナー
4.ローテーション
の4本立てとなっていました。


1.まっすぐ走るでは、
まず、目印の上をまっすぐ歩いてみる。
下を見ないで遠くを見るとまっすぐ歩けます。
車の運転でも、オープンウォータースイムでも、まっすぐ進むときの基本ですね。
これ自体は、単独でやったら全然難しくない。

でも、肩が触れそうな隣に人が歩いていたら?
無意識に距離をとりたくなるのでそれを無視してまっすぐ歩くことを意識しないとまっすぐ歩けません。
3人、18人と一列に並ぶ人を増やしてまっすぐ歩いてみます。

次に自転車に乗って同じようにまっすぐ進む練習。
二人併走・三人併走で距離が近いとどうしても距離を空けたくなるのを我慢してまっすぐ進みます。
場所を入れ替えて、右・左・真ん中と苦手な場所がないか確認します。
二人組みで相手の方に手を掛けたまま進んでみたりして。
真ん中になると、後ろに下げてよけたくなりますね(^^;;;

2.スラローム
コーンを置いてのスラローム。
上りと下りの双方向で。
スラローム苦手ですが、何度かやってるうちにだんだん出来るように。。。

3.R10のコーナー
スピードを出さなければ。。。。

4.ローテーション
まず、5人で縦に並んで歩きながらローテーションの練習。
距離が短いし、歩くスピードも遅いので、下がる人は殆どその場で足踏みするくらいでないと回れません。
進む人は一定の速度で。

そのローテーションでコーナーを回るとき、コーナーの手前で内側に下がると大変なことに(^^;;;ということも徒歩のシュミレーションでよく分かりました。
その練習を踏まえ、自転車でらくらくコースでローテ練。

ここまでで大体10:30でした。
練習もなかなかためになりましたが、スラローム練などで、ゆっくり進んでゆっくりUターンしてとかやってると、スニーカーで練習してたこともあって、スピードが落ちても意外と自転車って倒れないんだなというのが分かり、スピードが遅くなってほぼ止まりそうになっても、脚を着かなくても怖くなくなったのが収穫でした(^^)
#ビンディングだとまだ怖いかもですが(^^;;;

普段、時間があったら走りに行っちゃうし、こういうゆっくりの練習をしないので、いい機会でした。
スラロームのコースはレース中もゴール前の直線の片隅に設置されていて、ずっと練習できるようになっていました。

IMG_1000.jpg

バイクコントロールが下手だと自認する私も暇を見つけては練習したのですが、1m位?の結構細かい間隔のコーンも回れるようになりましたよ!
スラローム苦手だっただけに、やってみるとそれなりに出来るようになってきたのが嬉しいです♪

基本的に基礎練習大好きなので、この練習だけで来た甲斐があったというものです。

【レース:カテゴリ4(初心者)・3周】

20160619PW1.jpg

レースは、女子クラスにエントリーしていますが、女子はカテゴリー4(初心者クラス)も走っていいので、今回もカテゴリー4から走ります。
11時前頃出走。

今回は40人位のエントリーで、前回、後ろのほうに並んだらスタートでいきなり速度が上がって切れて追いつくのが大変だったので、比較的前目に並びますw
ところが、今回はベルマーレの選手が前でガッツリペースコントロールして、1周目は超ゆっくり。
おかげで、結構密集した集団のまま1周走れて、いい集団走行の練習になりました。
こんなゆっくりのペースでも、カーブでインに寄ってくる人が居て、「インに寄らないで前の人と同じラインで回ってください」とお願いするなどw
初心者のグループはホント、超ゆっくりのペースで4~5列の集団で前の人と同じラインで走る練習をしてもいいかもしれませんね。

ゆっくりなんですが、上りなるとさらにゆっくりになるので、追突しないように集中して走りますw
ゆっくりの上りではフラフラしちゃう人が居るので注意が必要です(^^;;

2周目にはいったところでいきなりペースアップ。
用心していたので、ここで切れそうになる人をかわして前に上がり、首尾よく集団の後ろにくっついて行きます。
うまく集団に乗れてしめしめと思ったら、最初の下りで集団が縦に伸び、左コーナーで、前の選手がアウトに膨らんで、もう一人を押し出しそうになってる(@_@)
外側の選手は押されてもしばらく耐えていたので、そのまま耐えて~と祈りながら、内側に回避しようとしたら、とうとう耐えきれずに外側の人が落車。
そして、なぜかその選手の自転車が内側に飛んできて、乗り上げる感じで自分も落車してしまいましたorz。。。

Link TOHOKUの方が落車~!と叫んで後続の人たちに注意喚起して、大丈夫ですか?と声を掛けてくれました。
大丈夫ですと答え、スピードも出てなかったし、回避行動を取っていたところだったのでダメージは殆どなく、すぐに後ろを確認しつつ、路肩に寄って、落ちたチェーンを直してレースに復帰。

集団は遥か先に行ってしまったし、後はマイペースで練習だなぁ。。。と思いながら頑張って走っていたら、すぐにベルマーレの選手と走っていた夫に追いついた。
ベルマーレの選手に後ろつかせてくださいとお願いして、後ろに入れてもらいます。
群馬は基本的にラインは一つしかないですとか解説してもらいながら、いいペースでベルマーレの選手に牽いていただく特典つき♪

いいペースで牽いていただいたので、上りのエリアに近づくと、集団からこぼれた人たちがわらわらと現れ、これをどんどんかわしていきますww
ベルマーレの選手の真後ろで走っていると、ライン取りやギアの選択が非常に参考になります。

心臓破りの坂では、余裕があったらダンシングでイン側を上がるか、余裕がなければシッティングで外側を行くのがいいですと教えてもらう。
心臓破りの坂で、比較的余裕があったので、インよりをダンシングで上ったら、せっかく牽いていただいていたベルマーレの選手を抜かしてしまって、一人になってしまいました(^^;;;
ちゃんとペースを守って走るべきでした。。。

ゴール裏の直線の前あたりでコース脇にたたずむomiさん発見。落車ではなさそうなので、パンクか??
集団前方で調子がよさそうだったのに残念すぎるorz。。。

ゴール前くらいで、同じくらいのペースの人を見つけたので、最終周回、一緒に行きましょうとナンパするw
上りは私のほうが早く、下りと平坦はその人のほうが早かったので、下りと平坦を牽いてもらっていいペースで進みます。
最後の心臓破りの坂のきついところをダンシングで上っていたら、2周目を牽いてくれていたベルマーレの選手が上がってきて、こういう坂は、坂の出口が見えたら、そこまで行けると思ったところから加速するんですと言って、私が腰を下ろしたあたりからピューンと加速して行ってしまいました。
な、なるほど~・・・・って、それが出来たら苦労しませんが。。。。善処します(^^;;;;

とりあえず、最後まで頑張ってゴール。
リザルト見たら、落車した割には完走45人中、TOPと3分18秒差の18位と健闘してました♪
でも、落車しなくてもTOPと2分16秒差の14位まで着いていけてたかどうか。。。

途中落車はありましたが、ゆっくりペースの割と密集した集団の練習、途中のベルマーレの選手のアドバイスなど、いい練習になりました。
ベルマーレの選手はいろんな人に通りがかりながらアドバイスをしてくれていて、本当に良かったです。

【レース:女子+小学生・1周】

20160619PW2.jpg

カテ4のレース後は、カテ3、2・1のレースを横目で見ながら、スラローム練習や補給など。
レースの待ち時間にこういう練習が出来るのはいいので、いろんなレースで常設してくるといいなと思うなどww
しかし、待っている間に雲行きが怪しくなってきて、カテ1・2のレースが終わる頃には本降りに。。。

それでも、女子+小学生はやるというので、とりあえずスタートラインへ。
雨が降って来たこともあり、DNSの人も居て、女子3人+小学生の女の子1人の4人でスタート。
スタートは小学生の女の子がいいペースで走り出しました。
様子を見つつ、下りに入ったところで前に出て、ペースをコントロールして、後ろが着いてきていることを確認しながらゆっくり目に下ります。
路面はウェットなところと、木の下のドライなところがあるので、ドライなところをねらいつつ、Rがきついコーナーは合図を出して、思い切り減速してゆっくり回ります。

下り区間が終わったところで、もういいだろうと加速。
しばらく走ると、バイクの方が上がってきて、後ろと2秒ですと教えてくれる。
意外と近いですねと返して、もう少し加速w

しばらくすると、またバイクの方が上がってきて、4秒ですと教えてくれる。
レース中に後ろとの秒差をバイクから教えてもらえるなんて、プロっぽい♪と思いながら頑張って走ります。
振り返るとLink TOHOKUの選手がすぐ後ろを走ってくれているので、つい頑張っちゃいますww

心臓破りの坂の手前で、またバイクの方が上がってきて7秒ですと教えてくれる。
このバイクの方、前回もエンデューロのときに、こまめに、きつい坂はこれで最後だから頑張れとか教えてくれてとても力になったんですよね。
ホントありがたい。

差が詰まってきてる感じではないので、ここからガッツリ踏めば、まず大丈夫だろうと気合を入れて走りますw
心臓破りの坂を上りきったら、LinkTOHOKUの方が、下り気をつけてと声を掛けてくれました。

ハイと返事をして、慎重に下ハン持って下り、バックストレートから下ハン持ってガッツリ踏んで、とりあえずトップでゴール♪
最終的に10秒差だったみたいです。
人数少なかったのですが、思うように走れて良かったです。

結局午後のエンデューロは雨のため中止。
みんな緩い感じで参加してるので、中止大歓迎って感じでしたww
#うちは中止にならなくても帰ってたと思う

13501818_691842614315303_4604375544909068876_n.jpg

その後、表彰式があり、女子+小学生の部も一応表彰してもらい、商品までもらっちゃいました。
小学生の女の子は3位に入ってましたよ!<別表彰じゃなくて残念

商品は一升瓶の群馬の白ワインでした♪

DSC_0577.jpg

その後は、エンデューロの代わりに今日の基礎講習会の講師、ハムスタースピンの福田さんへの質問大会で、なかなかためになりました。

帰りはエンデューロがなかったので、15時過ぎには車を出し、渋滞が始まる前に帰れるかと思ったのに、関越が事故渋orz。。。
それでも狭山SAでお土産を買って、omiさんを送って、家に着いたのは19:40頃でした。

やはり、こういう練習会的なのはいいですねぇ。
最近はこういう企画が増えてきたらしく、次は、うちの近所の自動車学校で行われる、サイクルテクニックスクールに参加します。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1954-261b0d8e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】