HOME>自転車

CUBE試乗会(Growtac4本ローラ、GOKISOホイール)

今日は午前中は車のエンジンオイルとMTオイルの交換に。
車、年間5,000km位しか乗らないから、久々のエンジンオイル交換でした(^_^;)
やっぱり新しいエンジンオイルにするとエンジンの音がなめらかになるような気がしますね~

で、午後は自転車に。
今日は若葉台公園で、CUBEの試乗会があるというので、冷やかしに行ってみます。

今日は気温が高く、オヤジ朝練の長袖ジャージにクロップド丈のレーパンにロング靴下。。
グローブは薄手の春秋用で。

走り始めると、風が強~い。。
稲田堤駅のそばの図書館閲覧所に図書館の本を返して先に進みます。
蓮光寺はなかなかいい感じで上れたかな?

しかし、その先の天国への階段で夫にちぎられた(@_@;;;
PRから3秒落ちで決して遅くなかったのに。。。

DSC_0392.jpg

試乗会でGrowtacの4本ローラーを見ているとigaちゃん登場。
igaちゃん、LOOKの試乗をしたらしい。

DSC_0394.jpg

私はGrowtacの代表に取材、取材ww
お目当てはダンシングも出来る4本ローラー。
以前試乗させてもらいましたが、本当に私でもダンシングできるし、走行感覚は抜群です。
音も以前持ってたEliteの三本ローラーに比べると格段に静かだし、とりあえずは手動の3段階の負荷がついて、一番負荷が重いところでは、時速30kmで300w位。
もがきの練習には少し負荷が足りないかもしれないけど(速度が早くなると騒音が。。)、一定パワーの練習には十分ですね。
たためて、長さが半分になり、しまうのにも便利です。
ローラーの径も小さいので、たたむと結構コンパクト。

この4本ローラー、3月下旬発売で、予定価格は8~9万円とのこと。
さらに、PC連動の負荷装置と、斜度装置(前輪の方を持ち上げて斜度がつけられるんです)を開発中で、Zwiftとの連携を考えているとのこと!
Zwiftの斜度に合わせて前輪が持ち上がり、負荷が重くなるとか胸熱!!!
この負荷装置と斜度装置は3月には間に合わないので、後発、後付可能で、価格は負荷装置と斜度装置は各3万円位になりそうとか。

ローラー+負荷装置・斜度装置で14~15万円か~。
う~む、う~む。。。。<ここで悩んでる時点で何か間違ってる(^_^;;;;;

なお、負荷装置は既存のGTローラーにも適用可能なので、そちら用にも発売するかも、ということだったので、強くお願いしておきましたww

一旦ここで会場を後にし、もう少し走りに行こうということで、とりあえず南野セブンまで。
落合3コブとか、夫、気合が入ってますよ。。。
南野セブンで折り返して再び若葉台公園へ。

DSC_0396.jpg

また来ました~と店長と話していると、試乗しなくて良いんですか?と言われる。
しかし、試乗車のLOOKはたぶん買わないから試乗してもなぁ~、、、、試乗してみたいといえばGOKISOのホイールとか。。と言っていると、GOKISOのホイール試乗できますよと、何故かホイールが出てくる(^_^;;;;

これはアカンやつや。。。
とは思いながらも、前輪だけお借りして試乗してみることに。
#後輪は変速が合わないかもということで、前輪だけお借りしました

若葉台公園の坂を上り始めると、いや~、よく進むわ~(@_@)
カーボンリムのせいか、タイヤのせいかもしれないけど、アスファルトのつぶつぶのゴツゴツを全然拾わない、しなやかな乗り心地。このゴツゴツの吸収の分だけロス無く進んでる感じです。
私のKinlin 27mmリム、Alchemy elfハブの前輪(602g)と比べるとやや重いはずですが、全然重さを感じません。

しかし、GOKISOの肝は後輪のハブですから、前後輪揃えないと真価を発揮しません。
→とすると、パワーが測れなくなる
→どうせならパイオニアのペダリングモニターが欲しいが私の自転車はカンパなので適応外
→クランクだけシマノにする手もあるが、今の自転車のデザイン構成を崩すのはいや
というところで思考停止しましたww

次に自転車を組むなら、PM前提で考えよう。


↑画像はcyclesportsさん

自転車を組むとしたら、これなんかオシャレでいいな~、これ、CUBEで売ってたら衝動買いしちゃうかも。。。
と思うんですが、CANYONは直販しかしないので、CUBEでは入れられないらしい。
フレームを入手してくれれば組みますよと言ってくれましたが、そもそも、完成車の販売では?ということでした。

うちのラインナップにオシャレな自転車はないなぁ~という店長に、是非オシャレな自転車を探しておいて下さいとお願いしておきましたww

20160221PW.jpg

今日のテーマは、1.踏みたいところでこそ胸郭から体幹をフリーに、2.パワーの原資の体重を最大限に活かすために、体重の最後の1滴まで推進力に使う

坂でキツくなったところで出力を上げようとすると、胸郭や腹筋回りに力が入って動きをブロックしちゃうので、ここの力を抜いて胴体の空間を最大限に使って空気を取り込むとともに、しなやかに下半身を使えるように。
また、坂の斜度に合わせて重心移動して、シッティングでもダンシングでも、体重を最大限に推進力として使えるペダリングを目指します。

最近取り組んでいる片足スクワットのおかげか、臀筋が良い働きをしてくれるようになってきた気がします。
GOKISOホイール試乗で若葉台公園の坂と多摩大の坂をもう1回上がったおかげで本日のTSSは111。
今週のTSSは308でした。
TSS350は遠いなぁ。。。

279,318,308と私的には3週間頑張ったので、ここで休足週を入れるかな?
心拍計の調子が悪かったのもあるけど、どうも心拍の上がりが悪い気がするし。。

************
2016年02月21日
内容:蓮光寺~蓮光寺坂上~南野セブン
テーマ:踏みたい時の身体の使い方、重心
体調:普通
距離:11.223km
Work(KJ≒Kcal):204KJ
時間:1:34:06
TSS:111
NP:172
IF:0.839
平均心拍数---(--%)
最大心拍数:---(--%)
平均速度:23.6km/h
平均ケイデンス:65rpm←平均ケイデンスが遅いな。。。
最大ケイデンス:113.0rpm

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1881-0c7d5893

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】