HOME>骨折日記

【骨折日記7月25日】

【術後 11週と1日(78日)】

(7月18日)
今週は仕事が忙しく、1週間空いてしまいました。
すると、肩周りの筋肉がバリバリに固まって、とても辛かったです。
やはり、リハビリは週2回は通いたいところですね。
リハビリ前の前方挙上は85度。
リハビリ内容は、超絶痛いもみほぐしと筋トレで。

(7月23日)
3週間ぶりにレントゲンを撮り、骨はもう大丈夫とのこと。
次回は8月25日に大磯病院なので、それまでリハビリを頑張って、大磯病院で何か言われたら診察を受けてとのこと。
もう後は本当にリハビリだけって感じですね(^^)

最近はリハビリ前に腕を上げるチェックをするのですが、今日は初めて90度を記録しました\(^o^)/
80度くらいからずっと足踏みしていて、超すに超されぬ90度の壁(前に習えのポーズ)ですが、やっと90度です。
次に目指すは120度とのこと。
うん、頑張ろう!

リハビリ内容は、主担当の理学療法士の先生が留守だったので、副担当の先生で。
こちらの先生はマイルドはもみほぐしなのですが、主担当の先生と攻めるポイントが違っていて、これはこれでいい感じ。
バキバキになっていた肩周りの筋肉をしっかりほぐしてもらいました。
でも、相変わらず肩甲骨が動かないんだよなぁ。。。

(7月25日)
何とか職場を8時に出て病院へ。
リハビリ前に前に手を上げるのは90度。
左手で持って上げると135度。

今日は主担当の先生で、今日は腰と肩甲骨の周りを念入りにマッサージしてくれます。
いつもほど痛くない(笑)。
今一番筋力が無いのが、腕を外側にひねるのと、外側に開く筋力。
先生が押してくれるのを非力ながら押し返していると、だんだん手が上がるようになるんですよ。
頑張って筋トレしないとね。

さて、肘を曲げれば頭より少し高いところまで手が届くようになり、日常生活にはほとんど不便を感じなくなってきました。
しかし、一気に伸びるところは伸びた感じで、回復のペースは落ちてきています。
前に手を上げるのは1週間に5度伸びるかどうかといったところ。
改善のペースが僅か過ぎて、つい、自主トレの手を緩めたくなるのです。

そんなとき、心の支えにさせてもらっているのが↓のページ。
そばレレ薪マキの上腕骨折 のテーマ。

術後の回復の経緯がほとんど同じなので、ここで手を緩めずに頑張ればこの後も同じペースで回復するのではないかと。
すぐには成果が見えない中で地道に頑張るのは難しいけど、やりきれば大きな成果が得られるのはこれまでも経験済み。
まずは90度を越えるよう頑張ろう!

現在のリハビリメニュー
(職場編)
1.ゴムバンドをつなげたもので前にならえ15回(腕を伸ばしたときに肩甲骨を前に出す)(前鋸筋・筋トレ)
2.小さく前にならえの状態でゴムバンドを内側、外側に引っ張る・内外各25回(棘下筋/肩甲下筋・筋トレ)
3.腕にゴムバンドを引っかけて、斜め上に引っ張る25回((棘上筋・筋トレ)
4.お辞儀して腕を垂らした状態から腕を上げる25回(挙上・筋トレ)
5.壁を上に向かって拭く(肩インナーマッスル・筋トレ+挙上ストレッチ)。
6.壁を背中にして立ち、後ろに回した腕で壁を押す25回(菱形筋/僧帽筋・筋トレ)
7.手の甲でお尻を触り、そのまま手を背骨に沿わせて上げてくる(内旋・ストレッチ)

(自宅編:忙しくてなかなかできない)
1.バランスボールの上にうつぶせになって、右手を上げる15回(90度からの挙上・筋トレ)
2.四つ這いになって、腕を伸ばしたまま肩甲骨を寄せたり開いたりする(前鋸筋・筋トレ)
3.仰向けになって、左手で右手を持って手をまっすぐにしたままバンザイを目指す(目指せ、背泳ぎのポーズ!)(挙上・ストレッチ)
  90度を過ぎたあたりで、左手で抵抗して筋トレ。
4.仰向けになって、カニのポーズを目指す(ストレッチ)
5.横向きになって、手の重みでいろんな方向に伸ばす(ストレッチ)

(最近の右肩の様子)
○電車の入り口付近にある高いつり革にぎりぎり手が届くようになりました。
○駐車場の機械で、何とか駐車券を取ったり入れたりすることができるようになりました。
○自転車を右手で担ぐことができるようになりました(持ち上げ時や長時間の時は左手でサポートが必要)
○ダンシングでハンドルを振れるようになってきました

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1530-4016ab7e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】