HOME>骨折日記

【骨折日記】定期通院6月23日@東海大学大磯病院

【術後6週間と4日】

今日は、久しぶりに東海大学大磯病院に定期通院に行ってきました。
前回の術後2週間の抜糸からおよそ4週間ぶりです。

なんか今日は空いてるなと思ったら、10時半の予約に対し、10時20分頃に着いたら、すぐにレントゲンに案内されて、待ち時間なしでレントゲンを撮ってもらえました。
それでも、先生に診てもらえたのは11時半すぎ。
先生、お久しぶりです(^^)。

レントゲンの所見は、骨もずれてないし、大丈夫そうですねとのこと。
もう、可動制限なく動かしていますかと確認されました。もちろんです(^^)。
痛いですかと言われましたが、痛いのは筋肉痛ですと答えると、それは仕方ないですねとのこと。

腕を前と横に上げてみてと言われ、上げてみると、両方とも45度くらいかなとの診断。
もう少し上がってるかなとも思うのですが、目分量なので、まぁいいです(笑)。
動かさなかった時期が長いので、なかなか上がるようになりませんね、肩の怪我は、長く掛かるので大変なんですよと言われました。
1年くらい頑張って、もとどおりになればといった感じらしい。
このままリハビリを頑張ってくださいとのことです。

今回は、上がる様はならないかもとは言われませんでした♪
#手術前には、手術しても上がる様になるとは限らないしみたいな感じだったので。。。
ちょっと期待が持てる感じですね(^^)。

週に何回リハビリに通ってますかと言う問いに、週2回ですと答えたら、いい感じですねと言ってもらえました。
もっと頑張って通ってくださいと言われても無理なので、これも良かったです。

術後から人差し指と親指の指先がしびれて痛いのですがと相談すると、感覚がないわけでなければ、神経が切れているわけではないので、時間が掛かっても必ずもとに戻りますとの事でした。
手術で神経を傷つけてしまったら、手術の場所からして、別の場所がしびれるらしいです。
しびれている場所からすると、神経が通っているあたりの筋肉が炎症を起こしたりして、神経を圧迫しているためらしいです。
医者が"必ず"戻りますとはなかなか言わないと思うので、これは信用してもいいのでしょうか。

次回は2ヶ月後の8月末に予約を入れてもらいました。
そのときまでにはもう少し、腕が上がるようになっているといいな。

#今日は地元の病院がお休みで、リハビリに行けないので、病院の自販機スペースでお弁当を食べて、その後出勤しました。

(最近の右肩の様子)
腕に力が入るようになってきたので、磨きものができるようになり、やかんと鍋を磨きました。
重いT-falのアイロンを右手で持ち上げられるようになったので、右手でアイロンが掛けられるようになりました(枚数が多いと辛いw)。
通勤用の重い鞄を右手で持ち上げて右肩に掛けられるようになりました(長時間は辛い)。

(入浴後に追記)
3月9日以来放置されていた脇のムダ毛の処理が出来ました(笑)。
右脇は腕が上げられずに処理できず、左脇は右手が届かなくて処理できなかったのです(笑)。
右手でシャワーのパイプを持てば何とか処理できる程度に右腕が上げられ、右手は何とか左脇に届くようになりました♪。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1519-9f9e8068

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】