HOME>骨折日記

【肩骨折日記】15日(木):術後7日め:入院9日め:本日退院

00:30に目が覚め、痛み止めを投入。
30分くらいしたらもう一度寝付けて、4:30まで眠れました。
装具をつけていると、寝返りが打てず、寝返りを打ちたいタイミングで必ず目覚めるので、熟睡は難しいですね。

昨夜は咳止めのトローチにお世話になることはありませんでした。
気管挿管による喉の炎症は治まってきたようです。

今日は、8時の朝食後、身体拭き、9:00からリハビリ(所要時間1時間)、薬剤指導があって、なおかつ10:00には病室を出るという、そもそも破綻したスケジュールです。

とりあえず、朝食前にできる範囲で荷物を片付けて。
朝食後、着替えて、残った荷物を片付けていると、あっという間に9時になってしまいました。
一週間の入院でも私の荷物はボストンバッグ1個です(笑)

リハビリは、担当の北川先生が研修で出張ということで、代理の先生で。
10時退院なので、ということで、首のストレッチと肘の曲げ伸ばしと、腕の振り子運動だけのショートコース、30分にしてもらいました。

病室に戻り、薬剤師さんによる薬剤指導、看護師さんによる今後のスケジュール伝達など。
大磯病院の黒岩先生から、しんゆり青木クリニックの青木先生に宛てた、紹介状のお返事と、レントゲンやCTスキャン等の画像が入ったCD-Rを貰いました。

ちょうどこの頃お迎えに来てくれた夫登場。

これで、後は退院手続のみ。
せっかく病室の皆さんと仲良くなったのにあっという間に退院してすみません。

9日間の入院でしたが、あっという間でした。
ご飯も美味しかったし、意外と楽しかったな。

今回入院・手術して思ったのは、基礎的健康の大事さ。
怪我して手術すると言っても、基礎疾患があると全身麻酔できないとか、点滴を入れられないとか、使える薬が限られるとか、制限があってとっても大変。
思いよらないところで影響してくるので、健康にはホント気をつけないといけませんね。

整形の黒岩先生も、理学療法士の北川先生も口を揃えて言っていましたが、手術も大事だけど、リハビリはもっと重要とのこと。
せっかく肩の専門家の先生が、最新の技術で手術してくれたので、完治まで一年とか二年とか言われていますが、地道に継続するのは得意なので肩がきちんと動くようになるまで、地道に頑張ります。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1500-906b82a9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】