HOME>骨折日記

【肩骨折日記】5月8日(木):手術当日:入院2日め

いくら、ロングスリーパーの私でも、9時から6時までは寝られないだろうと思ったら、やっぱり4時に起きちゃいました。

病院の起床時間は6時。
7時、朝の検温と同時に担当の先生がやってきて、点滴の針を刺して、手術する方の腕にマジックでマーキングをしていってくれました。
先生、朝早くから大変ですね(^_^;)

8 時。お腹が空いた中での朝食時間は辛かった(^_^;)
いい匂いがする中、twitterで気を紛らわせながら、黙って耐えるのみ。。。

9時からの点滴はとりあえずリンゲル液。
それでも昨夜から飲食禁止の私には、脱水防止の効果がてきめんに表れました。助かった〜。
10時頃、浣腸。3分我慢してと言う3分が、L7を3分より辛かったです(^_^;)
11:30頃、手術着に着替え、血栓防止用のタイツを着用します。指輪を含めた全ての金属類を外します。

手術着はゴワゴワとした緑のエプロン?w
これで準備は完了、後は始まるのを待つのみ。
お昼は、相変わらずお預けをくらった犬状態。
お腹空いたよ〜。

そして、今回の手術は、全身麻酔となるので、何かあった時のために立ち会うため、12:30に夫到着。
わざわざ仕事を休んで来てもらってすみません。
夫といろいろと話しながら、13:30の手術開始を待ちます。
私、割と平常心だね(笑)。

13:30頃、看護師さんが来たのでそろそろかと思って行ってきますとツイートしたら、違ったらしい。
結局、14:30頃に、15:00入室ですと告げられる。
14:55に手術室に移動だというので、14:50頃にトイレに行って、点滴棒を押しながら、歩いて手術室へ。
入り口で夫にメガネを渡し、中に入ります。

シャワーキャップを被り、サンダルを手術室用のに履き替えて、狭い手術用の台に横になり、寒いなと思ったら、タオルをたくさんかけてくれました。
心電図の電極を貼って、酸素マスクを顔に当て、楽に呼吸をしててくださいと言われ、あっという間に意識喪失。

次に目覚めたのは、18:20(たぶん)。
声をかけられて分かりますか?って言われたような気がする。
3時間の予定がちょっと長くかかったようですね。
説明では意識が戻ってから気管に入れてた管を抜きますとのことだったけど、記憶にないなぁ。
そのまま、また意識を失って、次に目覚めたのは病室。
立ち会ってくれた夫に、何とかお礼を言って、バイバイをしたような。。。

その夜は、両脚に血栓防止用のタイツを履いた上から、血栓防止用のマッサージ器を取り付けられ、尿道カテーテル、左手は点滴、右腕は肩固定用の装具、右肩には分厚いパッドと、アイスノン、顔には酸素マスクと、いろんなものか体に取り付けられていて、全く身動きが取れず、辛かったです。
看護師さんが夜中に何度も点滴を変えたり、見に来たりしてくれました。
何時間かしたころ、腸の動きを聴いて、看護師さんが水を飲ませてくれました。
喉がカラカラだったので生き返るようでした。
脚が暑いと言ったら足の間にもアイスノンを入れてくれました。
助かった〜。
看護師さん、朝までに何度も水を飲ませに来てくれました。
血中酸素濃度をモニタリングして、明け方には酸素マスクも外してもらえました。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1493-711504f5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】