HOME>骨折日記

入院して手術することになりました

3月9日に大磯クリテリウム第5戦で落車しました。

脱臼&骨が欠けた(剥離骨折)ということで、その時は、東海大学大磯病院で脱臼した腕をはめてもらい、帰宅。
11日の月曜日に近所の整形外科に行ったところ、持っていったレントゲンのDVDはパソコンが修理中とのことで見られず、とりあえず吊っておいてくださいとのことでした。
どのくらい吊っておけばいいですかと聞いたら4~6週間でしょうとのこと。
ちなみに、この時は、次はいつ来てねとも言われなかったので、そのまま帰ったのですが、引き返して、受付の人に、4~6週間吊っておいて、それきりでいいんですかと聞いたら、翌週も来てくださいと言われました。
このまま、聞き返さなかったら、まずかったんじゃ(^_^;)

で、翌17日の月曜日に行ったところ、大磯病院からもらったレントゲンを確認し、また、この病院でもレントゲンを撮って、このまま吊っておくようにとのこと。
この時も、指示は吊っておくようにということだけで、絶対動かすなとか、そんなコメントはなかったなぁ。
寝ている時に腕が痛いんですと訴えても、右を下にして寝てるからでしょとイマイチ的はずれな答えが返ってきます。
#痛くて右を下にしてなんて眠れません。。。

というわけで、すっかり、普通の脱臼とちょと骨が欠けただけだと思っていた私は、肩を動かさないようにしながらも、ランをしたり、ローラーをしたりしていたのでした。
通院日を土曜日に変えて、22日、29日、4月5日、4月12日と通院。
その都度、寝ていると痛さが溜まってくるんですと訴えても、取り合ってもらえず。。。

4月12日に1ヶ月ぶりにレントゲンを撮ったところ、見事に欠けた骨がずれていますorz。。。
しかし、先生は、まぁこのままでいいでしょうと言って、4月一杯は吊っておくように、次は5月10日に来てレントゲンねというのです。

この時に、もっとずれたら困るから絶対動かすなとか言ってくれればいいものを、このままでいいでしょうと言うから、そんなに大変な事になってると思わず、つい、そのままの生活を…
しかし、この先生の対応に不安を感じた私は次の土曜日の4月19日に紹介状を書いてもらって別の病院に行ってみることにしました。
あいにく、4月19日はこの別の病院は先生の急病でお休みorz。。。
仕方が無いので、21日の月曜日に休みを取って再度お目当ての病院へ。

今度の新百合の病院の先生は、すごくよく話を聞いてくれて、理学療法士さんが、丁寧なマッサージやリハビリ指導をしてくれます。
先生、レントゲンを見ると、これは予想外ですね。。。と表情を曇らせます。
このままではリハビリをしても腕が上がらないかも。。。。
東海大学には肩の権威の先生がいるから、紹介状を書くので、このままリハビリを進めてよいか、もう一度東海大学大磯病院で診てもらってくるようにとのこと。

この週はたまたま娘たちの授業参観があったので早く帰ってこれた水曜日と、定時で上がれた金曜日にリハビリに行ってやり方を教えてもらい、自分でも頑張って左腕で腕を前に水平まで持ち上げたり、肩甲骨を動かしたりして頑張ったお陰で、だいぶ腕の可動範囲が広がって来ていました。
月曜日は前方に30度、横方向にも20度位しか上がらなかったのですが、金曜日には前、横とも50度位まで上がるようになっていたのです。
理学療法士の先生には、ローラーでハンドルを持って腕を伸ばすのはリハビリにもなるので大いにやって大丈夫と言ってもらいました。
夜も眠れるようになってきたので、気分的にもすごく良くなってきました。

ローラーが大丈夫なら、大磯で軽く走っても大丈夫だろうと、出走したのはこの日の日記のとおりです。

ところが、4月28日月曜日、やっと仕事の休みが取れて、大磯病院に行ってみたら、この日のレントゲンを見て、先生が渋い顔・・・
骨がずれているので、このままでは、どんなに頑張ってリハビリしても、腕は横方向には水平以上には上がらないでしょう。
でも、手術しても今より良くなるとは限らないですとのこと。。。
う~ん、腕が上がらないのかぁ。。。
まぁ、今の状態でもそんなに困らないので、仕方がないかなと思っていたら、CTを撮ってきてとのこと。

で、CTを撮ってみたら、なんと、肩の骨は、ちょと欠けただけではなく、私が見ても明らかに分かるほど、ボロボロに粉砕していたのでしたorz。。。

脱臼しましたと言ったら、近所の病院以外の病院では、手をついちゃいましたかと聞かれ、ハンドルを持っていたはずなので、手は着いていないと思うのですがと答えていたのが図らずも証明されてしまった感じです。
手を変な方に着いて脱臼したのではなく、肩から落ちて、鎖骨が折れずに肩の骨が壊れたみたいですね(-_-;)
骨密度はすごく高いのに、それでも耐えられないほどの衝撃だったのか。。。
粉砕していたので、うまく骨がつかずにズレてしまったみたいです。。。

先生、CTを撮る前は、手術してもしなくてもみたいな感じでしたが、CTを見たら有無を言わさず、これは手術をおすすめしますと。。。
私がCTの画像を見ても、このまま放っておくと明らかにまずそうな感じです。
あれよあれよと考えるまもなく、東海大学の肩の手術の権威とかいう先生の予約が取られ、なるべく早いほうがいいと、手術日が5月8日に決まってしまいました。

手術は、全身麻酔で、バラバラになった骨をなるべく元の形に戻して、切れている腱板を縫い付けるらしいです。
手術後、1週間入院し、4週間ほど肩を固定するとのこと。
#本当は2週間入院と言われたんだけど、短くなりませんかと言ったら1周間にまけてくれた(笑)

また固定からやり直しか。。。

ただし、今度は、肩は30度までは動かして良くて、肘から下は使っていいということなので、ちょっとは気が楽ですが。。。
それに、入院中から、リハビリをして、なるべく筋肉の拘縮が起きないようにするということなので、最初の時よりはましなのかな。

力を入れられるようになるのは3ヶ月以降らしい。
下ハンを持ってもがけるのは8月以降ということか?(そもそもそんなことしないけどw)
まぁ、早いうちからローラーは出来るでしょう。

それにしても、本当に病院を変えて良かった。
このまま5月10日まで放っておいたらどうなっていたことか。。。

というわけで、明日7日から、東海大学大磯病院に一週間ほど入院してきます。

IMG_0961.jpg

IMG_0962.jpg

入院にあたり準備したもの。
何かが間違っていると思わなくもない(笑)。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1489-b6190d54

コメント

や、やぶ医者
あららら、大変なことになりましたね。やぶ医者っているんだなぁ。
話を聞かない医者って居ますよねぇ。それでキレて病院を変えたことがあったなぁ...( = =) トオイメ
手術は大変ですが、一週間開き直ってのんびりしてください(^_^;)
Re: や、やぶ医者
でかつさん

いや~、本当に近所の整形外科から乗り換えて良かったと思います!
おかげさまで、一週間楽しく入院してきましたよ♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】