HOME>家族で御出掛け

家族スキー@野沢温泉スキー場20121230-31その2

さて、2日目。

今日の記事もゲレンデマップを見ながらお楽しみください(^^)

昨夜は8時前に寝落ちしたと思われるのに、きっちり7時位まで寝ている私(^^;;;
夜中に左足がお尻から全体に攣って、どの向きに伸ばそうとしても伸ばそうとしていない部分がさらに攣るという状態でとっても辛く、全身も筋肉痛だったのですが、たっぷり寝たので、起きて活動している間にすっかり筋肉痛は治りました。

7時半から朝食。
お泊りすると、朝食が多いよね~。

IMG_0036.jpg

美味しかったのだけど、断腸の思いでコロッケを半分残しますm(__)m

今日はチェックアウトなのですが、宿に聞くと、満室なので車をスキー場に移動させてほしいとのこと。
空いていれば置いておいていただけるんですけどと申し訳なさそうに言われましたが、仕方ないですね。
問題は、駐車場は長坂ゲレンデにあり、板は日影ゲレンデにあるということです。

とりあえず、スキーの準備をして、荷物を車に積み込んでチェックアウト。
お世話になりました~!

私は車を長坂ゲレンデの下にある第1駐車場に停めに行き、夫は子供たちを連れて、遊ロードで日影ゲレンデに行って板を回収し、私の板を担いで長坂ゴンドラ駅まで長坂連絡コースを滑ってきてもらうことにしました。
ちなみに私の板は6.9kgのヘビー級(夫の普通の重さの板は5.2kg)。
担いでくる夫は大変です(^^;;;

無事駐車場に停めて、チケットを買って、ゴンドラの列の最後尾に移動した頃にちょうど夫が到着。
ナイスタイミングでした。

長坂ゴンドラを使って一気に頂上の毛無山山頂へ。あら、もう11時前だわ(^^;;;
朝結構降っていた雪は収まりつつあり、小雪が舞う程度ですが、山頂付近は雲の中で視界は悪いです。
気温は低くて昨夜降った雪がいい感じ♪

IMG_0037.jpg

やまびこエリアは視界が悪いのに人も多くてリフト待ちも発生していたので、1本だけやまびこコースを滑って、もう少し下にある水無ゲレンデに移動します。
水無ゲレンデは私が学生のスキー人口が多くてリフト待ちがすごく長かった頃でもこのゲレンデはなぜか空いているという穴場的なゲレンデです。

DSCF7379.jpg

人のいないぶな林コースをムカデなどをしながら楽しく移動。

今日は水無Aコースはポールを貼っていて進入禁止になっていたので、リフト待ちゼロの水無Bをひたすら回します。
人もいないし、斜度も適度でこれまた楽しい~。
子供たちも全然休憩しないで滑って滑って滑りまくってます(^^;;;

IMG_0038.jpg

12時半まで休みなく滑って、お昼に向かうことにします。
今日も空いてるであろうパラダイスゲレンデの食堂にしようかな。

ところで、ここからパラダイスゲレンデに行くためには、水無Aコースからパラダイス連絡コースを通っていくのがいいのですが、水無Aコースは進入禁止。。。
ということは残るルートは牛首コースのみ。。。。。
仕方ない、子供を引き連れて牛首コースへ突入(^^;;;

DSCF7387.jpg

wikiによると「牛首コース(最大斜度30度):スキー場で最も難しいコース。急な上に幅が狭いので上級者でも手こずる。」とのこと。

ここでも上娘はなんだかよくわからないけどするすると降りて行ってしまいました。

下娘はまたひどい~!なんでこんなところに連れてくるのよ~!!と叫んでいます。
非圧雪で幅が狭いので、曲がるタイミングが難しいのですが、コース端のコブが浅いところでターンさせて何とか励まして下娘を下します。
いや~、下娘も何とか下り切ったよ(^^;;;
下娘を下すのに一生懸命で自分が楽しむ余地はなかったけど、まぁ良かった(^^;;;

ここから日影ゴンドラでパラダイスゲレンデまで上がって遅いお昼。
今日は昨日の隣の食堂にしようと思ったんだけど、満席だったのでやっぱり昨日と同じ食堂になりました。

IMG_0049.jpg IMG_0048.jpg

昨日から食べすぎなので今日のお昼はおそば。
娘たちの食べたカツ丼がおいしそうでした。

さて、食べ終わったら2時だったので、午後はスカイラインを1本滑ってあがることに。
IMG_0046.jpg

野沢の何がいいって、こんな景色を見ながら滑れることです!

IMG_0052.jpg

スカイラインは圧雪されているので、こんな斜度でも、下娘も難なく降りてきます。
娘たちの面倒を見なくていいので、私は、(周りに人が居ないことを確認しつつ)ヒャッホー!とか、最高!!とか叫びながらガンガン飛ばして下りて行きます。
さほど遅れず娘たちがついてくるのがすごい(笑)。

あっという間に楽しいスカイラインコースも滑り終わってしまって、キツネコースから直接駐車場へ。
コースそばに停められたので、車までおよそ5m(笑)。
楽々後片付けをして、着替えて、昨日雨で散策できなかった温泉街に向かいます。

20121231_161937.jpg IMG_0057.jpg IMG_0062.jpg
↑クリックでちょっと大きな写真が見られます

温泉街は、20年前とほとんど変わらないお店構成で、ふかしたての温泉まんじゅうやおやきを食べます。
ふかしたての温泉まんじゅうは全然味が違うのよね♪

野沢温泉と言えば、やっぱり温泉でしょう。

IMG_0058.jpg
こ~んな、千と千尋の神隠しに出てきそうな湯屋の小型版みたいな湯屋があって、全部で13ある外湯は無料で利用できるのです。

写真の大湯は温泉街の中心にあって混みそうなので、今回は松葉の湯にしてみました。
IMG_0060.jpg

野沢の外湯はとっても熱いのですが、この日の松葉の湯はそんなでもなかったかな・・
それでも娘たちは熱くて入れない~と言って、足先をちょっとつけては撤退していました(笑)。
何度かやってやっと入ってましたが、長時間は無理~とすぐ上がってしまいます。
熱いお湯が大好きな私は肩までしっかり使って芯まで温まります。
いや~、いい気持ち。

のんびり入って、上がったら夫と待ち合わせの土産物屋へ。
娘たちはリンゴジュースを飲んだり、アイスを食べたり、アフター温泉を楽しみました。

夫と娘たちには第1駐車場の入り口で待っておいてもらい、私は車を入り口まで下して、残念だけど帰路に着きます。。。
5時半頃に駐車場を出発して、途中上里SAで夕食を食べて、サクサク動いている高速を走って家に着いたのが9時半頃。
いや~、渋滞してなきゃ、野沢も近いねぇ~。
#こんなに渋滞してないのは年末ならではだし。。。。

と言うわけで、今年の初スキーは思いもかけず、野沢のお泊りスキーになりました。
後は、上娘の部活が始まるので、もう今シーズンの泊りは難しいかも。
そう思うと、突然だったけど、行って本当によかった。
娘たちのスキーも上達し、私も板がよくなって、滑ってて本当に楽しかったし、温泉街でも遊べたし、あまりにも楽しくて、終わってしまったらちょっと悲しかったくらいです。

チャンスを見つけてまた是非行きたいです。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1253-352675af

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】