HOME>生き物たち

コバルトブルーラムなど熱帯魚購入

夏が終わり、水槽の温度も落ち着いてきたので、熱帯魚を購入しました。

IMG_4286.jpg

昨年9月に購入したアガシジィ・ファイヤーレッドが死んでしまい、グリーンネオンが10匹と10cmオーバーのブッシープレコのみだった第1水槽には、ゴールデンハニードワーフグラミーを3匹。


IMG_4292.jpg

夏、ガラス蓋ができない間にどんどん飛び出し自殺をしてしまい、ついにラスボラ・ヘテロモルファの親世代1匹と子供1匹になってしまった第2水槽にコバルトブルーラムのペア。

IMG_4290.jpg

8月に4年弱買ってたエンゼルちゃんが死んでしまって、ラミーノーズテトラが6匹とアルビノブッシープレコ♀が1匹しかいなかった第3水槽に第2水槽からアルビノブッシープレコの♂を連れてきて、新規にパールグラミー3匹を導入。

購入したのはオオツカ熱帯魚さん。
これまで、熱帯魚の通販はcharmさんを利用してましたが、コバルトブルーラムのペアが欲しかったので、自分で繁殖させているオオツカ熱帯魚さんから購入することにしてみました。

パッキングはたっぷりの水に入った元気できれいな個体ばかりで、通販の熱帯魚の品質の高さに感心します。
慎重に水合わせをして水槽に放したら、どの子もヒレをきちんと立てて、呼吸も普通で、すぐに水槽に慣れて水草をつついたり、前の方に出てきて元気な姿を見せてくれたりします。

しかし、今日第3水槽を見ると、これまでいたアルビノブッシーやラミーノーズテトラの呼吸が速い!
年寄りラミーノーズテトラの1匹が以前から呼吸が荒く、エラ病気味だったので、マズイ、病気が蔓延したか!???と焦りましたが、同居しているレッドラムズホーンが水面近くに集まっていたため、急きょ水替えをしてエアレーションをしたら収まりました(^^)

どうやら、急に魚の個体数が増えたところに、突然の気温の上昇に伴う溶存酸素の低下でお魚たちが酸欠気味だったようです。
気づいて良かった。

今回買ったお魚たち、長生きしたり、繁殖してくれたりしたらいいな。

この記事のトラックバックURL

http://kayof521.blog107.fc2.com/tb.php/1026-22d28339

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】