2/14 Zwift30分@インフル明け(インフルエンザ対処法の豆知識つきw)

20180214PW.jpg


今日は夕方ローラー。

日曜日に実走に行って、三連休の最終日も走るぞ!と思っていたのに、朝起きたら、全身筋肉痛(特に胸郭周りと前鋸筋と臀筋)で、鼻がグズグズで、寒くてダルいというわけの分からない状態に(筋肉痛+花粉症 or風邪?)。。
というわけで、花粉症の薬を飲んで、午前中は様子を見よう。。。と思って昼頃に熱を計ったら39度を超えてる(-_-;)
これはイカンと、布団に入ってとりあえず寝ます。

夕方には一旦熱も下がってきたので、インフルかな?そうじゃないかな?と思ったものの、その日の夜、寝ている間に熱が40度を越えました💦
ひぇ~~~、このまま行ったら、ウィルスが熱で死ぬか、自分の組織が熱で死ぬかの戦いだ。。。。とビビっていたら、何とか朝には37度台の前半に。
私の免疫力はウイルスとの戦いに勝ったようですw

しかし、この全身筋肉痛と高熱はインフルエンザの症状なので、もし本当にインフルエンザなら、症状が治まったからといって、仕事に行っては行けません。
#熱が下がっても体内のウイルス濃度は高く、排菌して他の人に移す可能性が高いため

熱が上がり始めてからおよそ24時間後となる、午前中の最後の診療時間を狙って病院に行きました。
#早く行き過ぎると、ウイルス濃度が上がっていない可能性があるため。受信は発症後12~24時間が目安。
#遅く行き過ぎるとウイルスが増えすぎて抗ウィルス薬が効かないので、発症後48時間以内に行かないと自然治癒と変わらない

ま、でも、今回の場合は、多分、朝一で行っても抗原抗体反応(インフル検査の原理)は出たような気がしますが。。。

めでたく?インフルエンザA型が確定したので、抗ウイルス薬を出してもらって、帰宅してすぐ飲みます。
午後に再び熱が上がってきたので、解熱剤を飲んで、布団で安静に。
#抗ウイルス薬飲む前に解熱剤を飲むと、ウイルスをやっつける免疫力が働きにくいので、熱に耐えられる体力があるなら解熱剤は使わないほうが良い
#インフルエンザの場合、飲むと重症化する解熱剤があるので要注意

熱が上がっているときは寒くてよく分かりませんが、下がっているときは暑くて、汗をいっぱいかくと思います。
とにかく、熱が出たときはこまめに水分補給。
自転車乗りなら、夏のライドの補給の中身と同様に考えるとよいです。
私は、今回は、自転車ボトルにXtendのBCAAを熱が高いときは濃い目に、下がってきたら薄い目に作って、とにかく意識してこまめに飲みました。自転車ボトル、布団で飲んでもこぼれないのがgood(笑)。

XtendのBCAAには、電解質ミックスが入っているので、汗で失われた電解質の補充もOK。
免疫細胞はグルタミンをエネルギーにしているので、免疫細胞が活発に動いているときはグルタミンが不足しがち。
Xtendにはグルタミンも含まれているので、完璧ですw
そして、身体を高温にするためのエネルギーを使っているので、身体がエネルギー不足に陥りやすく、筋肉を分解して使用し始めちゃうので、それを避けるために、BCAAを補給。
いやぁ、どう見ても、完璧な布陣でしたねww

ちなみに、熱はあっても食欲も消化力も普通にあったので、ご飯はしっかり食べていたし、マルチビタミンを普段より多めに投与しておきましたw
#それでも、今日(水曜日)計ったら金曜日の朝より1.4kgも減ってました。。。
#熱の消費カロリー、恐るべし。。。

ヤバイと思ってからすぐに水分・栄養補給と休養に努め、解熱剤を飲まずに体内の免疫力を高めつつ頑張った結果、
月曜日発症、40度を超える熱、
火曜日に一旦熱下がるがインフル確定、抗インフル薬投入、途中ちょっと熱上がるが、夕方には普通に夕食を作れる位までに復活、
水曜日にはローラーが出来るまでにほぼ完全復活(しかも結構踏めた)と、
アラフィフのおばさんとしては驚異的な回復力を見せましたw
前回(10年以上前か?)にインフルにかかったときは、熱が下がっても数日フワフワした感じが残ってたような気がするんだけどなww

心拍の推移で見ると、VivoSmartHRで取ってる起床前心拍で、
日曜日42拍
月曜日50拍
火曜日51拍
水曜日44拍
と、インフルの間だけ、きれいに心拍が上がってますw

恐れていた40度オーバーの高熱のダメージは、味覚がちょっと変になったくらいで、それも水曜日には復活してきて良かったです。

というわけで(?)週4日自転車に乗るミッションをクリアするために、今日、ローラーを回しておきます。
病み上がりだし、ここでハードなインターバルは不味そうなので、30分、無理せず踏めるところで回すことに。

1518593645159.jpg

さすがに、超酔っぱらいだった金曜日の5分走よりは踏めるだろうと始めて、ついでに下ハン練だと、下ハン持って力まずきれいに1時に体重を落とすことを心がけていたら、だんだん出力が上がってきちゃって、L4域へ。。。。
しかも、最後の1分はついでにもう少し上げてしまってL5。。。
これでも、呼吸も特に苦しくなく、体感的には普段と同じように出来たので、インフルからの早期復活に成功したと言えるでしょう。

1518593596165.jpg

途中でBoxHillの山岳賞ジャージをゲットしてしまったしw

20180214Pd.jpg

下ハンメインで回してこのペダリング効率はなかなか♪
下ハンの位置が下がっても、上死点をきちんと越えられているようです♪

1518593623477.jpg

*************
2018年2月14日
内容:Zwift30分
テーマ:インフル明けで様子見、無理のない範囲で
体調:インフルのダメージは感じない。。
*************

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】